TOPページへ

がん予防に効果があること

病気を治すには治ると信じる強い心が必要と考えます。
「何か上手く行きそう」、「何か良いことありそう」と思っていると、
実際に上手く行ったり、良いことが起きたりすることってありますよね。
逆に、「何か失敗しそう」、「何か悪いことが起きそう」と不安に思っていると、
本当にそのようになってしまうことって多々あると思います。
「頭で考えること」、「心で強く思うこと」、これは、一流のスポーツ選手が行う
イメージトレーニングと似ています。一流のスポーツ選手などは自分の成功をイメージし、
実際の大会などで好成績を残していることは広く知られています。現代のスポーツでは、
イメージトレーニングは、好成績を残すための必須のトレーニングと言えます。
同じように病気の治療においても、まず、「病気が治る!」と
信じる強い心が必要です。病気が治っている自分を強くイメージするのです。
それと合わせて、実際に病気を治すための情報、つまり、最新治療の情報も必要です。
当サイトでは、この2つの面を中心に治療に役立つ情報を伝えて行きたいと思っています。


このページでは、がん予防に効果があることについてまとめています。





RSSアンテナヘッドライン

お知らせ
当サイトは相互リンクをして頂けるサイト様を常時募集しております。 できるだけ同様のジャンルのサイトが希望です。宜しくお願い致します。

がん予防に効果があること

(がん)が発生する原因はいくつかありますが、危険因子を避けることで、
確実に癌が発生しにくくなります。ここでは、がん予防に効果があることを
まとめてみました。癌を予防するために、そしてずっと健康でいられるために、
がん予防に効果があることを、是非とも実践してみてください!


【食事について】


  • 野菜中心でバランスの良い食事にする。
  • 偏った食事は避ける。(毎日、同じものばかり食べない。)
  • 食物繊維が多い食品を良く摂る。
  • 食べ過ぎない。(腹八分目がベスト)
  • 熱すぎるものは冷ましてから食べる。
  • 焦げた部分は食べない。
  • カビがはえたものは食べない。
  • 脂肪分の多い食事は控える。
  • 塩分の多い食事は控える。(塩辛いものを控える。)
  • お酒は毎日飲まずほどほどにする。

食生活がいちばんガン発生に影響を与えると言われています。
これまでの食生活を見直し、改善して癌を予防しましょう!




【タバコはやめる!】


  • タバコを吸わない。
  • 喫煙者のタバコの副流煙や受動喫煙に注意する。
タバコの喫煙者は、タバコを吸わない人より癌の発症率が数倍高いです。
タバコは百害あって一利無しです。また、副流煙(タバコの先から出る煙)や
受動喫煙(タバコを吸っている人の煙が吸わない人にかかること)などで
周りにも迷惑をかけるのでタバコはいますぐやめましょう!

【日常の生活】
  • 太陽に当たりすぎない。
  • 適度に運動をしましょう。
  • いつも清潔にしていましょう。

太陽の紫外線に当たりすぎると皮膚癌を引き起こしますので、
注意しましょう。適度に運動することで健康を保つことができます。


関連サイト:





 

カテゴリ:病気予防のアドバイス 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 治ると信じる強い心と治すための治療情報 All Rights Reserved.