TOPページへ

年齢と性別による癌(がん)の関係

病気を治すには治ると信じる強い心が必要と考えます。
「何か上手く行きそう」、「何か良いことありそう」と思っていると、
実際に上手く行ったり、良いことが起きたりすることってありますよね。
逆に、「何か失敗しそう」、「何か悪いことが起きそう」と不安に思っていると、
本当にそのようになってしまうことって多々あると思います。
「頭で考えること」、「心で強く思うこと」、これは、一流のスポーツ選手が行う
イメージトレーニングと似ています。一流のスポーツ選手などは自分の成功をイメージし、
実際の大会などで好成績を残していることは広く知られています。現代のスポーツでは、
イメージトレーニングは、好成績を残すための必須のトレーニングと言えます。
同じように病気の治療においても、まず、「病気が治る!」と
信じる強い心が必要です。病気が治っている自分を強くイメージするのです。
それと合わせて、実際に病気を治すための情報、つまり、最新治療の情報も必要です。
当サイトでは、この2つの面を中心に治療に役立つ情報を伝えて行きたいと思っています。


このページでは、年齢と性別による癌(がん)の関係についてまとめています。





RSSアンテナヘッドライン

お知らせ
当サイトは相互リンクをして頂けるサイト様を常時募集しております。 できるだけ同様のジャンルのサイトが希望です。宜しくお願い致します。

年齢と性別による癌(がん)の関係

これまでの統計からも分かる通り、(がん)は、年齢を重ねるごとにかかり
やすい病気です。性別では、男性と女性ともに、50歳を超えるころから、
にかかってしまう人が増え始め、さらに、高齢になるほど、その数は増加します。
30代から40代の間では、男性より、女性の方が癌の罹患者が多く、
50代後半からは、男性の方が女性より、癌の罹患者が多いです。


【男性の罹患率の高い部位別の癌】


男性における罹患率の高い部位別の癌は、以下の通りです。

  • 1位 胃がん
  • 2位 肺がん
  • 3位 結腸がん
  • 4位 肝がん
  • 5位 前立腺がん

男性は、胃癌(いがん)、肺癌(はいがん)、結腸癌(けっちょうがん)、
肝癌(かんがん)、前立腺癌(ぜんりつせんがん)の順に多いです。

肺がんは、男性の方が女性より、3倍から4倍も多く、
また、死亡率も同じく、男性の方が女性より、3倍から4倍と高いです。
大腸がんも、男性の方が女性より、2倍も多く、死亡率も同じく、
男性の方が女性より、2倍と高いです。




【女性の罹患率の高い部位別の癌】


女性における罹患率の高い部位別の癌は、以下の通りです。

  • 1位 乳がん
  • 2位 胃がん
  • 3位 結腸がん
  • 4位 子宮がん
  • 5位 肺がん

女性は、乳癌(にゅうがん)、胃癌(いがん)、結腸癌(けっちょうがん)、
子宮癌(しきゅうがん)、肺癌(はいがん)の順に多いです。

乳がんは、30代から40代後半の女性に多いです。


【とにかく早期発見を!】


は、日本人の死亡原因の第一位です。日本人の死亡者全体の約3割を
占めている病気です。しかし、現代の医療技術では、癌を早期発見し、
適切な早期治療を行えば、ほとんどの癌が完治できるまでになっています。

癌の初期は、無症状のことが多いため、男性の場合は40歳を超えたら、
女性の場合は、35歳を超えたら、定期健康診断を受けましょう。癌の
早期発見には、年に1回から2回は健康診断を受けることが大事と言えます。





 

カテゴリ:がん治療に関する知識 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 治ると信じる強い心と治すための治療情報 All Rights Reserved.