TOPページへ

もし、癌になってしまったらどうしたら良いのか?

病気を治すには治ると信じる強い心が必要と考えます。
「何か上手く行きそう」、「何か良いことありそう」と思っていると、
実際に上手く行ったり、良いことが起きたりすることってありますよね。
逆に、「何か失敗しそう」、「何か悪いことが起きそう」と不安に思っていると、
本当にそのようになってしまうことって多々あると思います。
「頭で考えること」、「心で強く思うこと」、これは、一流のスポーツ選手が行う
イメージトレーニングと似ています。一流のスポーツ選手などは自分の成功をイメージし、
実際の大会などで好成績を残していることは広く知られています。現代のスポーツでは、
イメージトレーニングは、好成績を残すための必須のトレーニングと言えます。
同じように病気の治療においても、まず、「病気が治る!」と
信じる強い心が必要です。病気が治っている自分を強くイメージするのです。
それと合わせて、実際に病気を治すための情報、つまり、最新治療の情報も必要です。
当サイトでは、この2つの面を中心に治療に役立つ情報を伝えて行きたいと思っています。


このページでは、もし、癌になってしまったらどうしたら良いのか?についてまとめています。





RSSアンテナヘッドライン

お知らせ
当サイトは相互リンクをして頂けるサイト様を常時募集しております。 できるだけ同様のジャンルのサイトが希望です。宜しくお願い致します。

もし、癌になってしまったらどうしたら良いのか?

(がん)は、日本人の死亡原因の第一位の病気で、死因の約30%を占めています。
しかし、医療技術の日進月歩により、癌は早期発見し、適切な治療を行うことで、
治る確率は非常に高くなっています。しかし、(ガン)になってしまうと、本人や
その家族の精神的な苦痛や不安、そして、経済的な負担が大きいのが実情です。
そのため、国や地方自治体は、さまざまな相談窓口や助成制度を設けています。
もし、癌になってしまった場合、国や地方自治体が設けている相談窓口や助成制度を
うまく活用しましょう。これらの支援制度を活用するとしないとでは、精神面や経済面で
かかる負担は天と地ほど違いますし、利用することでかなり助かります。


【どのような相談窓口や助成制度があるのか?】


国や地方自治体が設けている相談窓口や助成制度は、以下のようなものがあります。


医療相談に関する相談先:

  • 医療ソーシャルワーカー
  • 保健所
  • 福祉事務所

癌に関する電話での相談や面接での相談先:

  • 日本対ガン協会

老齢者(老人)なので老人保健制度を利用したい場合の相談先:

  • 市区町村担当窓口

月々の医療費が高額なので助成(高額療養費支給制度)を受けたい場合の相談先:

  • 社会保険事務所
  • 健康保険組合

高額療養費支給までにつなぎ融資(高額医療費融資制度)を受けたい場合の相談先:

  • 社会保険事務所

高度先進医療費の給付を受けたい場合の相談先:

  • 都道府県の保険課

入院中や治療中の所得保障(傷病手当金)を受けたい場合の相談先:

  • 社会保険事務所
  • 健康保険組合の保険給付事務窓口


【癌の医療費の相場】


癌になってしまった場合、「ガン治療にはどのくらいお金がかかるのか?」、
「完治までにお金はいくらかかるのか?」など、いちばん気になるのがその医療費。
まずは、癌の医療費における相場を確認しておきましょう。


関連サイト:





 

カテゴリ:がん治療に関する知識 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 治ると信じる強い心と治すための治療情報 All Rights Reserved.