TOPページへ

病気が治るのかどうか

病気を治すには治ると信じる強い心が必要と考えます。
「何か上手く行きそう」、「何か良いことありそう」と思っていると、
実際に上手く行ったり、良いことが起きたりすることってありますよね。
逆に、「何か失敗しそう」、「何か悪いことが起きそう」と不安に思っていると、
本当にそのようになってしまうことって多々あると思います。
「頭で考えること」、「心で強く思うこと」、これは、一流のスポーツ選手が行う
イメージトレーニングと似ています。一流のスポーツ選手などは自分の成功をイメージし、
実際の大会などで好成績を残していることは広く知られています。現代のスポーツでは、
イメージトレーニングは、好成績を残すための必須のトレーニングと言えます。
同じように病気の治療においても、まず、「病気が治る!」と
信じる強い心が必要です。病気が治っている自分を強くイメージするのです。
それと合わせて、実際に病気を治すための情報、つまり、最新治療の情報も必要です。
当サイトでは、この2つの面を中心に治療に役立つ情報を伝えて行きたいと思っています。


このページは、病気が治るのかどうかのカテゴリページです。





RSSアンテナヘッドライン

お知らせ
当サイトは相互リンクをして頂けるサイト様を常時募集しております。 できるだけ同様のジャンルのサイトが希望です。宜しくお願い致します。

カテゴリ:病気が治るのかどうか

肺癌 治る?

肺癌(はいがん)は、癌の中でも最も死者数が多く、治りにくい癌と言われています。
5年生存率は、手術を受けた場合の全体でほぼ50%です。肺がんでも、早期発見
の場合は、手術をすることにより、治癒する可能性が高いです。また、5年生存率の
数値も高くなっています。早期発見ではない場合の肺癌の5年生存率が低いのは、
肺癌が発見されたときには、すでに癌がある程度進行している場合が多いためです。


【肺がんの早期発見のために】


肺がんは進行すると、腫瘍などが手術で取りきれないため、
なかなか治療が難しいです。ですので、肺癌は早期発見することが非常に大切です。
肺癌は、胸部のレントゲン撮影で発見できる場合が多いです。早期発見するためには、
年に1~2回の定期的な胸部のレントゲン撮影を含んだ、健康診断を受けましょう。




【肺がんの原因】


肺癌ではっきりと分かっている原因は、タバコの喫煙です。肺癌の発症リスクは、
タバコを喫煙していた期間や量に比例します。肺癌になった男性の約90%が
タバコの喫煙が原因。また、肺癌になった女性の約80%がタバコの喫煙が原因です。


【肺がんの種類】


肺癌は、主に4つの種類に分けられます。

  • 扁平上皮癌
  • 小細胞癌
  • 大細胞癌
  • 腺癌

【肺癌の症状】


肺癌の症状ですが、よくある症状は長引く<咳(せき)や痰(たん)などあります。
咳や痰が出るのは、ガン細胞によってできた腫瘍が肺や気管支を刺激したり、
肺への空気の通りをさまたげることにより、咳が痰が出るためです。
気管支が傷ついている場合は、血痰(けったん)が出ます。少し症状が進行し、
気管支が閉塞してしまうと、息切れなどが出て、気管支炎や肺炎を
引き起こします。腫瘍が肋骨や肋間神経を刺激すると、胸の痛みが現れます。
また、腫瘍が大静脈を圧迫したりすると、首の部分や顔が腫れます。
肺癌の初期症状は、風邪に似ていて分かり難いですが、
咳や痰などの症状が長引くようならば、医師の診察を受けましょう。


関連サイト:




 

カテゴリ:病気が治るのかどうか 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 治ると信じる強い心と治すための治療情報 All Rights Reserved.