TOPページへ

病気が治るのかどうか

病気を治すには治ると信じる強い心が必要と考えます。
「何か上手く行きそう」、「何か良いことありそう」と思っていると、
実際に上手く行ったり、良いことが起きたりすることってありますよね。
逆に、「何か失敗しそう」、「何か悪いことが起きそう」と不安に思っていると、
本当にそのようになってしまうことって多々あると思います。
「頭で考えること」、「心で強く思うこと」、これは、一流のスポーツ選手が行う
イメージトレーニングと似ています。一流のスポーツ選手などは自分の成功をイメージし、
実際の大会などで好成績を残していることは広く知られています。現代のスポーツでは、
イメージトレーニングは、好成績を残すための必須のトレーニングと言えます。
同じように病気の治療においても、まず、「病気が治る!」と
信じる強い心が必要です。病気が治っている自分を強くイメージするのです。
それと合わせて、実際に病気を治すための情報、つまり、最新治療の情報も必要です。
当サイトでは、この2つの面を中心に治療に役立つ情報を伝えて行きたいと思っています。


このページは、病気が治るのかどうかのカテゴリページです。





RSSアンテナヘッドライン

お知らせ
当サイトは相互リンクをして頂けるサイト様を常時募集しております。 できるだけ同様のジャンルのサイトが希望です。宜しくお願い致します。

カテゴリ:病気が治るのかどうか

糖尿病 治る?

糖尿病は血糖値(血液の中のブドウ糖の濃度)が高くなる病気です。
糖尿病は基本的には治りませんが、糖尿病が治ったという人の事例もございます。
また、糖尿病が基本的には治らないと言っても、血糖値をコントロールすることで、
健康な人と同じように普通の日常生活を送ることは可能です。治療によって、
血糖値をコントロールし続け、常に血糖値を正常な状態に近づけておけば、
合併症などは起こらず、ずっと健康な状態でいられます。血糖値のコントロールを
しっかりしていれば、糖尿病は、別に不安がらなくても大丈夫な病気と言えます。

また、医療技術は、日進月歩で進歩しています。たとえ、現時点で完治が難しい病気でも、
近い将来、完全な治療が実現する可能性と希望があります。




【血糖値を下げる治療方法は主に3つ】

糖尿病になってしまった人が血糖値を下げるには、「食事療法」、「運動療法」、
「薬物療法」などを取り入れます。なお、糖尿病は薬物療法だけでは治りません。
糖尿病の治療には、食事療法と運動療法も必要と言えます。
食事療法、運動療法をともに続けることが大事です。


【糖尿病は合併症が怖い】

糖尿病はよく、「合併症が怖い」などと言われています。
糖尿病になり、適切な治療をしないと、さまざまな病気が発症してしまいます。
糖尿病の合併症のうち、「三大合併症」と呼ばれているものがあり、
それは、「網膜症」、「腎症」、「神経障害」の3種類です。

その他に、糖尿病の合併症の種類としては、動脈硬化、冠動脈疾患、
心筋症心筋梗塞、脳梗塞、脳血管障害、脳血管性疾患、高血圧、末梢神経障害、
単純性網膜症、早期腎症、末梢アルブミン尿、顕性腎症、タンパク尿、
増殖性網膜症、糖尿病白内障、失明、腎不全、肺炎、膀胱炎、糖尿病骨減少症、
糖尿病皮膚疾患、糖尿病壊疽、歯周疾患、下肢閉塞性動脈硬化症、
…などがあります。




 

カテゴリ:病気が治るのかどうか 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 治ると信じる強い心と治すための治療情報 All Rights Reserved.